大学生におすすめなのが合宿免許です

車の免許を欲しいと思っていても学校やアルバイトが忙しくなかなか教習所に通うことができない人がたくさんいます。また、規則的に教習所に通うのが面倒に感じてしまう人もいます。そんな方におすすめなのが、春休み、夏休み、冬休みなど長期の休暇を利用して合宿免許を取得することです。自分が希望する場所に行くことができ、さまざまな年代の友人ができるのでとても貴重な体験をすることができます。また、必ず授業をうけなければならないようなカリキュラムになっていますので、合宿期間にすべての講習を終えてあとは試験を受けるだけの状態で自宅に戻ってくることができます。長期の休みを利用して合宿免許に参加をすることができるのは、学生や仕事をしていない時期だけの貴重なものですからぜひおすすめです。こういった貴重な経験を積むことが将来の就職活動に活かされる可能性もあります。

合宿免許のメリットとデメリット

自動車免許を取る時には教習所や自動車学校に通う方法が一般的ですが、大学生などまとまった時間の取れる人は合宿で免許をとるという方法もあります。合宿免許では2週間程度どこかへ泊まり込んで、その期間内に教室講義と技能講習を受けて短期間で免許を取得するという仕組みです。大きなメリットとしては短期間ということ、通学免許よりも安上がりな場合が多いということが挙げられます。また友達と一緒に参加したり、合宿中に新しい友達ができることもあるでしょう。デメリットとしては、行き先によっては高速教習を実地で受けられないことがあります。この場合は運転シュミレーターという装置を使って教習を行います。その点を不安に思うなら通学免許の方が向いているかも知れませんね。ある知人が離島の合宿で免許を取りましたが、一般の車が少な過ぎて都会の複数車線ある道路を走るのが怖い、車線変更ができない、と言っておりました。しかし彼も今ではどこでも運転していますから合宿免許だからといって、身に付く運転技術が不安だということはありません。

合宿免許は、かなり大変

友人が車の免許を取る為に合宿免許に行きました。仕事などで多忙なため、短期間で取れるということもあり行ったそうです。短期間で免許を取れるのは良かったのですが、毎日ハードで緊張と神経を使いまくりで足が筋肉痛で疲れたそうです。合宿のため食事の準備や泊まる部屋など大勢での生活でするため一緒の部屋に寝泊まりするため一緒の部屋の人に気を使ったりで心休まる時がなくて、そういう面でも疲れて普通に免許取りに行った方がよかったなと話していました。でも大勢で楽しめるのは、いい経験になって色んな話ができてよかったとも話してくれました。合宿免許は集中できて、よかったらしく忙しい友人にとっては1番、短期間で車の色んなことを学べたり運転できて、よかったのと免許も取れて行ってよかったと話してくれました。いい経験になったそうです。